コーポレート・ガバナンスCorporate Governance

KVKの考えるCSR

KVKグループは、「常に使う人の身になって考えた誰にでも使いやすい水まわり商品」のモノづくりを通して、お客様、取引先、株主・投資家、社員、地域社会などステークホルダーの皆様からの信頼と期待に応えられるよう持続可能な社会づくりへの貢献に努めています。

KVKとステークホルダーとの関わり

KVKとステークホルダーとの関わり KVKとステークホルダーとの関わり

コーポレート・ガバナンス

基本的な考え方

KVKグループは、経営方針に基づき、企業価値の最大化を目的として、経営環境の変化への柔軟かつ的確な対応と競争力の強化をめざし、透明性・健全性の高い経営体制づくりとそのチェック機能の充実および公正性を高めることが重大課題と考え、コーポレート・ガバナンス強化に取り組んでいます。

コーポレート・ガバナンス体制

コーポレート・ガバナンス体制 コーポレート・ガバナンス体制

コーポレート・ガバナンス報告書

コーポレート・ガバナンス報告書(2021年6月25日発行)(東京証券取引所に提出しています。)
ダウンロードPDF(PDF:163KB)